海外情報

エコノミークラス症候群を予防するには?グッズと対策をご紹介

2020年4月24日

海外旅行に行かれる方はほとんどが飛行機を利用をします。

日本国内や韓国の近さであれば飛行時間はおよそ2時間前後ですが、アメリカ行きやヨーロッパ行きの場合は10時間以上のフライトになります。

ユイちゃん
エコノミークラス症候群が心配
という方も多いでしょう。

 

そこで今回は出来る限り機内でエコノミークラス症候群にならない予防策とグッズをご紹介します。

今日の記事はこんな方におすすめ

  • 長距離フライトのエコノミークラス症候群を事前に防ぎたい
  • エコノミークラス症候群に効果的なオススメグッズはあるの?

こんな悩みを解決します。

 

エコノミークラス症候群とは?

そもそもどんな症状で、どんな原因が引き金で起こってしまうのでしょうか。

厚生労働省検疫所によると

窮屈な座席で長時間同じ姿勢のままでいると、血の流れが悪くなり血管の中に血のかたまりが作られ、そこに痛みや腫れが生じることがあります(深部静脈血栓症)。血のかたまりがはがれ、肺の血管につまると、胸が痛い、呼吸が苦しいなどの症状をおこします(肺塞栓症)。肺塞栓症は、程度が重いと死亡する可能性もある重大な病気です。

URL:https://www.forth.go.jp/useful/attention/20.html

と記載があります。

くだいて表現すると【ずっと同じ体勢だったら血の巡りが悪くなって体がだるおも~】という症状です。

つまり原因はずっと同じ体勢で、症状はだるおも~と分かったので、機内で動けば解決します。

 

オススメの予防法と対策

原因と症状が分かったので、原因を作らないようにしたら、エコノミークラス症候群になる確率はグッと下がります。

対策方法

①機内で動く。

②水分を取る。

③きつい服装は機内で着ない。

④マッサージをする。

⑤シートベルトをはずす。

順に見ていきます。

 

機内で動く

エコノミークラス症候群はずっと同じ体勢であると、発生しやすくなります。動くと言って、機内で周りのお客さんやキャビンアテンダントさんに迷惑をかけてはいけません。

 

2時間に1回程度、トイレに行くだけ(に行くふり)でも充分に効果はあります。

ユイちゃん
頻繁に何度も立ち上がると迷惑じゃないの?
案外周りの人から見れば気にしていない方が多いです。
ダイ

 

仮に仮に貴方が通路側に座っていて、窓側の方が何度もトイレに行くとどう感じるでしょうか。

窓側や真ん中に座っていればトイレに行くときに、横の人をまたいでいく必要がありますよね、

 

機内にいる間はもしかしたら嫌な顔されるかもしれません。笑

しかし、機内から出ると、目的地に到着した喜びでそのことは脳から忘れているはずです。

ユイちゃん
確かに横に座った人の顔は覚えてない!
僕はいつも通路側でトイレに近い席を事前にリクエストするよ!
ダイ

 

一番前の通路側よりも、一番後ろの通路側の方が空いている場合が多いです。

場合によっては一番後ろの座席一列は一人で独占なんてことはよくありますがデメリットもあるんですよね。

ココに注意

機材によってはリクライニングが出来ない座席もある。

離着陸の時によく揺れる。

一番最後に出ることが多い。

一番後ろの座席にはデメリットもありますので、予約時にはご注意を!

 

水分を取る

機内はかなり乾燥しております。お肌の乾燥も心配ですが、機内の低い気圧は水分が蒸発をしやすい環境になっております。

水分不足は血栓が出来やすい状態(エコノミークラス症候群)です。

 

そのため、事前にペットボトルの飲料水を持ち込むか、機内でドリンクを頂きましょう。

 

きつい服装は機内で着ない

ユイちゃん
なにダジャレいってんの?
と思う方もいますが、これは本当の話。

きつい服装(ジーンズやパツパツTシャツ)は体を締め付けております。着ている本人はきつくないと思っていても、体は悲鳴をあげています。

 

可能であればゆるゆるな服装(ジャージなど)で搭乗しましょう。私はいつも機内ではスウェットで靴も脱いでおり、エコノミークラス症候群にはなったことがありません。

 

マッサージをする。

自分でふくらはぎをもんだり、足の指を開いたり閉じたりグーパーグーパーするのはかなり効果的。つま先を伸ばすのもいいですね。思う存分マッサージしましょう。

足首からふくらはぎを中心に、膝の手前まですれば問題なしです。

 

シートベルトをはずす。

私はいつもシートベルト着用サインが出てるときは、装着しておりますが、ランプが消えるとはずすようにしております。

これも先述したように、機内では出来る限りゆったりした状態で臨むことが大切です。

 

オススメのグッズ

エコノミークラス症候群にならないためのグッズをここでご紹介します。着圧ソックスになります。

着圧ソックスの効果は、履くことによって足に刺激が加わります。その結果、足のむくみや疲れを取れる効果があり、血液の循環がよくなります。

血液循環がよくなるとエコノミークラス症候群の発生を抑えます。

 

まずひとつめ。

この商品は英国航空健康協会認定製品で、世界100カ国以上で愛用されているフットケア専門ブランド、ドクターショールの販売です。

 

そしてふたつめ。

コチラの商品に関しては30日間返品保証商品です。商品に満足出来なかった場合は全額返金または無料で変更が可能です。

 

実際に弾性ストッキングを使用した生の声はコチラ。

 

約¥1000でエコノミークラス症候群を抑えることが出来るのであればとってもお得ですね。

 

エコノミークラス症候群を予防策まとめ

いかがだったでしょうか。エコノミークラス症候群は怖がる必要はありません。事前の対策をしていれば防げます。

ですが具合が悪くなったら無理はしないでくださいね。そうなった場合は近くのキャビンアテンダントを必ず呼びましょう。

ユイちゃん
無理は禁物!

読んで頂きましてありがとうございました!

他の記事もチェックする☞

 

-海外情報

Copyright© だいとらべる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.