旅行記

カトマンズのダルバール広場の入場料や注意点まとめ

ユイちゃん
カトマンズ中心にあるダルバール広場の入場料は?注意点は何かある?
こんな悩みを解決します。

 

ネパールのカトマンズの見どころはたくさんありますが、その中でも今回は世界遺産のダルバール広場をピックアップして見ていきます。

今日の記事はこんな方におすすめ

  • タメル地区からダルバール広場までの簡単な行き方や入場料を教えて!
  • ダルバール広場で何か注意点はあるの?
ダイ
私は一昨日の年末年始にカトマンズでカウントダウンしてきました!

 

ネパール・カトマンズ基本情報

カトマンズはネパールの首都です。場所はブータンの西、インドの北にあります。そしてエヴェレストからはおよそ140KMほどの距離になります。

 

基本情報

首都:カトマンズ

言語:ネパール語

通貨:ルピー 1ルピー=¥1なので覚えやすい!

宗教:ヒンドゥー教と仏教

査証:必要(オンラインで事前に申請後にアライバルでも可)

治安:〇

wifi:あまりない

水道水:×

プラグ:Bタイプ、Cタイプ

言語はネパール語ですが、タメル地区や他の観光スポットでも英語で問題はありません。

観光目的でも査証がないと入国出来ないため注意が必要です。

 

水道水は衛生面的に良くないので、喉が渇いたら購入したものを飲みましょう。

 

フリーwifiはあまりありませんでした。現地でwifiを使いたいのであれば事前に借りていくことをオススメします。

グローバルwifiであれば料金も一番安価で、受取(返却)空港も多いのがメリットです。いまお申し込みの場合は¥1,000引きキャンペーン中です。お申し込みはコチラからどうぞ!

 

ユイちゃん
ちなみにダルバールとはネパール語で「王宮」という意味!

 

ダルバール広場の簡単な場所と入場料について

ダルバール広場の場所の行き方はとっても簡単。タメル地区から南に行くだけです。

ちなみにカトマンズ空港から市内への行き方はタクシーのみです。電車やバスの運行はございません。(700RS)

 

ほとんどの方がカトマンズで宿泊の場合はタメル地区の近くですが、歩いて20分で到着します。

 

 

ダルバール広場は町の中心で多くの寺院やお土産屋さん、そして人でごった返しになっている場所です。

入場料

入場料:1,000RS

期間 :当日のみ有効(延長する場合は『Site Office』という建物がすぐ近くにあるのでそこで延長手続きをすれば何度でも入場可能です。(その際はパスポートと顔写真必要)

ダイ
何度でも入場したいくらい魅力的な場所です。

 

ダルバール広場での注意点

ダルバール広場の注意点はこの3つ。

注意点

値段交渉する必要あり

マスク必須

動物に気をつけろ(襲ってはこない)

順に見ていきます。

 

値段交渉する必要あり

ダルバール広場に限らずタメル地区にはお土産さんが多数あります。ですが、ほとんどの商品に値札がついていないため、値段交渉が必要になります。

 

言い値の1/3くらいを目安に交渉を頑張りましょう。

関連記事海外で上手に値段交渉をするコツ~会話例もご紹介~

 

マスク必須

日本とは比べ物にならないくらい空気が汚れております。就寝時に鼻をかむと真っ黒です。笑

ネパールの空気

これはカトマンズの高台であるスワヤンブナートからとった写真です。かなり空気が汚れています。しかし地上に下りて空を見上げると空は晴れています。

ダイ
どう意味か分かりますよね?
ハイ…
ユイちゃん

 

動物に気をつけろ(襲ってはこない)

ダルバール広場には様々な動物がいます。ハト、犬、ウシ、サルなどがいます。写真をご確認下さいませ。

ユイちゃん
orz...

ハトとウシのフンがそこらへんにあるので避けて歩くのは困難です。汚れてもいい靴で挑みましょう。私が行った限りでは襲うような動物はいませんでしたが、念のため注意は必要です。

 

実際にダルバール広場に行ってみた感想

初めてここに来た時に驚いことは、寺院が四方八方あることですね。

寺院自体はカンボジアのシェムリアップやミャンマーのバガンで何度も見てきましたが、カトマンズのお寺はザ・仏教というような雰囲気でした。

 

それと同時にネパール地震(2015年)で甚大な被害を受けた場所があり、今でも修復が出来ていない寺院があちらこちらにあったのが印象的です。早く修繕してほしい気持ちでいっぱいになりました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

カトマンズにはダルバール広場以外にも見どころは山ほどあります。カトマンズの高台のスワヤンブナートもタメル地区から是非一度足を運んでみることをオススメします!

 

読んで頂きましてありがとうございました!

他の記事もチェックする☞

 

 

-旅行記
-

Copyright© だいとらべる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.