旅行会社

旅行会社の就職時に資格って必要なの?資格よりも大事な事は?

ユイちゃん
旅行会社に就職したいけど必要なの?取得すれば有利な資格は?
こんな悩みを解決します。

結論☞旅行の資格がなくても内定可能(資格よりも旅行に行こう)

 

旅行会社に就職する際には、国家資格や民間資格がなくても就職は可能です。英語を話せなくても大丈夫。

関連記事】☞旅行会社で働くには英語話せなくてもOK☞現役旅行会社員が経験済み

 

ですが、資格が全くないのは不安という方もいらっしゃいますね。

そこで今回は、取得していれば就職時に有利になる資格と、資格よりも大事な事をご紹介します。

 

今日のこんな方におすすめ

  • 旅行会社に就職したいけど必要な資格を教えてほしい
  • 資格よりも大事な事を教えて!

 

記事の信憑性

・現役旅行会社員

・就職時に旅行関係の資格なしで内定済み

それでは解説していきます。

 

旅行会社に就職は資格は必要なし

新卒で旅行会社に就職する際に必要な資格はありません。

 

現に私は内定を頂いた時に保持していた資格は運転免許と秘書検定のみでした。(ラオスで象使いの資格取りましたが、さすがに記載はしておりません)

 

なので資格がなくても心配しなくてOK。大前提として旅行が好きで国内旅行、海外旅行も1回以上行っていれば、スタートラインには立つことが出来ます。

 

ですが、

ユイちゃん
もっとまわりと差別化したい!
という方向けに、あったら有利な資格をご紹介します。

 

あったら有利な資格

ここでは、持っていたら有利な資格をご紹介します。

 

有利な資格

①総合旅行業務取扱管理者(国家資格)

②国内旅行業務取扱管理者

③エリアスペシャリスト

順に見ていきます。

 

総合旅行業務取扱管理者

旅行会社を目指している人であれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。この資格は旅行業界で唯一の国家資格です。

 

国家資格なので、一度合格すれば一生涯有効な資格になります。一つの営業所で一人以上、この資格を持ち合わせていないと、営業が出来ません。

 

つまり、この資格を持っていれば、旅行会社を経営することが出来ます。

ユイちゃん
わお!

内容としては、旅行会社が手配するツアーの企画、料金や旅行業約款等、全てに関わる事項の管理・監督になります。

 

合格率はだいたい25%前後。問題は旅行業法及びこれに基づく命令、旅行業約款、運送約款及び宿泊約款、国内旅行実務、海外旅行実務など。

 

国内旅行業務取扱管理者

総合旅行業務取扱管理者が国内・海外旅行の両方を取り扱うのに対して、国内旅行業務取扱管理者は国内のみの資格になります。

 

内容としては総合とほぼ同じです。(国内のみ)

 

総合(国内)旅行業務取扱管理者の資格を通信講座で勉強をしたい方は『フォーサイト』がオススメ。

 

総合旅行業務取扱管理者2019年度の合格率は全国平均合格率29.9%に対してフォーサイト合格率は77.8%

国内旅行業務取扱管理者2019年度の合格率は全国平均合格率39.6%に対してフォーサイト合格率は82.8%

 

生の声がコチラ。

 

エリアスペシャリスト

これは総合(国内)旅行業務取扱管理者よりかは難易度も低く、気軽に受けることが出来る資格。

その分、就職時に大きく有利になるかと言えば、取扱管理者の方が影響あります。

 

エリアスペシャリストでは観光・地理、文化・歴史、自然、飲食・ショッピング、ビジネス・トラベルなどの知識が問われます。

 

このテストの良いところは自分が得意なエリア科目を選ぶことが可能。(アジア、ヨーロッパ、オセアニア、アメリカ等)

ユイちゃん
得意な地域から受けるのがオススメ!

問題は薄く広く問われるので、行ったことのある国の基本情報を覚えていれば問題ナシ。

 

ちなみにエリアスペシャリストのテストは紙媒体ではなく、オンラインでします。

スマホでも受験可能ですが、地図の問題は正しく出ない場合があるので、受験するにはパソコンがオススメ。

 

資格よりも大事なこと

資格取得ももちろん大事、ですが旅行に行く方のも同じくらい大事です。

 

就職活動時代に私は旅行会社を中心に見ていましたが、多くのエントリーシートで同じような問いがありました。それは

ES

①あなたは今までに何か国行きましたか?

②今までで旅行に行って一番印象に残っていることは何ですか?

と言った内容でした。

1か国でも行っておかないと埋めることが出来ない欄ですね。

 

ある旅行会社での面接ではこのようなことが質問されました。

四葉ちゃん
エントリーシートに書いた国以外で一番印象に残っている国のエピソードは?
ラオスに行った際に~
ダイ
四葉ちゃん
それではその国以外でのエピソードは?
インドに行った際に~
ダイ

と言った内容でした。もちろんこの面接は全ての旅行会社には当てはまりません。

少なくとも、この会社では資格よりも海外旅行渡航歴を重視している雰囲気でした。

 

旅行会社に就職希望の人は旅行が好きということは大前提。そこからの差別化をいかに表現できるかが大事です。

 

まとめ

旅行会社に就職するには資格取得ももちろん大事ですが、それよりも旅行に行く方がもっと大事です。

 

旅行の経験というのは人それぞれなので、貴方が経験したオンリーワンの経験を面接でお話すれば内定する確率はグッと上がるでしょう。

 

プラスアルファとして、何か資格を取得したいのであれば、先ほどの3つをオススメします。

読んで頂きましてありがとうございました!

他の記事もチェックする☞

 

-旅行会社

Copyright© だいとらべる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.